オーストラリアのワーキングホリデーをやって自分を磨こう

オーストラリアは観光ビザからワーキングホリデービザに変更できます

オーストラリアは観光ビザからワーキングホリデービザに変更できます

ワーキングホリデーは日本を出て海外へ赴くので出発の時には当然海外ビザが必要になります。ビザとはその人が外国で犯罪など起こさない入国するにふさわしい人間である事を国家間で証明する査証の事です。国家間の信頼にもつながる大事な書類ですので出発前にビザの発行と確認を怠らないようにしましょう。

初めての海外で初めてのビザ発行の場合、ここの手続きに戸惑うと申請に時間がかかったり、許可がなかなか下りなかったりします。短期 留学ですがワーキングホリデーの紹介企業では初めての方でも安心して書類審査を通過できるように、サポート、または手続きの代行をしてくれるところが多くあります。またビザ発行に関してはオンラインでの申請を可能になっておりますのでそちらも参考にしましょう。

しかし、ワーキングホリデーの期間は最大一年間「もっと英語を学んでから仕事を始めたい」と思う方ももいるかもしれません。その場合ちょっとした裏技があります。まず、日本ではオーストラリアの観光目的のビザのみを発行します。ちなみにオーストラリアの観光ビザは3ヶ月です。その3ヶ月の滞在期間中は語学学校などに通い英語を学びましょう。

そして期限が切れる前にオーストラリアの日本大使館などの発行施設でワーキングホリデービザの変更を申請するという方法です。その際国やビザの規則によっては一度国を出国する必要がありますが別の国に旅行してみたり、一度帰省するなどして活用しましょう。この方法ならば英語の基礎を学んだ事を最大限生かしながら仕事を探すことが出来るのです。しかし注意点が何点かあります。観光ビザの時期はその国での勤労は認められません。ある程度の金銭的余裕がないと難しいです。またビザ変更の際係官から「なぜ変えるのか」「今まで何をしていたのか」などの質問を受けるかもしれませんのでキチンと答えられるようにシュミレーションをしておきましょう。

滞在期間が長ければそれだけ多くを学ぶ機会に恵まれます。チャンスを逃さないためにも最大限活用しましょう。