オーストラリアのワーキングホリデーをやって自分を磨こう

オーストラリアにはセカンドビザというワーキングホリデーがあります

オーストラリアにはセカンドビザというワーキングホリデーがあります

ワーキングホリデーはその滞在期間が一年間と定められてあり、原則延長は認められていません。学びたい事はまだたくさんあるのに一年間資格 留学では短すぎる、と感じる人もいるかもしれません。オーストラリアではそんな要望に応えてセカンド・ワーキングホリデー・ビザ制度を実施しています。

セカンド・ワーキング・ホリデーとは、オーストラリアでのワーキングホリデー期間を2年間に延長することが出来る制度です。発行には条件があり一年目の期間中にオーストラリア政府が指定する農業や漁業、畜産業などの季節労働を3ヶ月間行い、その証明書を取得する必要があります。オーストラリアではピッキングと呼ばれる収穫期に人を雇い多くの作物を収穫します。

肉体勝負の面が強く台風など天候の影響によっては規定日数を働けない場合もあるので注意が必要ですが、条件期間をこなしてしまえば約二年間に伸びたオーストラリアの生活には可能性の広がりの魅力に多くのオーストラリア渡豪者は挑戦しています。もちろんピッキングも経験の宝庫です。植物や動物との繋がりを学ぶ自然学習や日本人以外の多くの人もやってくるので様々な地域の人との交流が行う事も出来ます。休日ではオーナーや仕事仲間と交友し、食事はその場でとれた新鮮な食材を使った料理が楽しめるのです。現地のサポートセンターや政府が運営するピッキング紹介HPなどを利用すればどこで募集しているか検索することが出来るので目的地の一つに指標にしてください。

セカンドビザの二年間という期間は広大なオーストラリアの各地を旅行して見聞を広めたり、英語以外の様々な資格を手に入れるための時間を与えてくれたりする非常に有効なものです。せっかくのワーキングホリデーをより深く、オーストラリアをもっと経験したいあなたにはこのセカンドビザの取得がお勧めです。