オーストラリアのワーキングホリデーをやって自分を磨こう

オーストラリアにワーキングホリデーに行く前に英語を勉強しよう

オーストラリアにワーキングホリデーに行く前に英語を勉強しよう

日本とワーキングホリデー制度を結んでいる国で使われる地域には英語が通用する所が多く、また世界的に見ても英語を習えば大体の邦とのコミュニケーションが可能とも言われています。ワーキングホリデーを利用し現地でのネイティブな言葉を覚えるのも目的の一つですがワーキングホリデー出発前に最低限の交流が行えるように注意しましょう。

ワーキングホリデー利用者の声から出てくる失敗談として「仕事先に同じ日本人がいてその人とばかり話していた」「言葉が通じないストレスで仕事の疲労が増し休日は家に引きこもってしまった。」といったせっかく海外まで行ったのにもったいないことをしたという意見が少なくありません。短期 留学斡旋企業の多くは「最初は出来なくても大丈夫」と書かれていますが、現地で一人で自由に行動したり、現地の友達を作ったりする「海外で仕事する」以上の「海外で生活する」事を望むのであればやはり最初からある程度の語学は習得しているのが望ましいのです。ある程度の期間は語学学校に通う事も可能ですが、仕事をしながら勉学に励むというのは並大抵の事ではありません。せっかくのチャンスを無為にしないためにもある程度の土台を前もって築いておくようにしましょう。

また、英語が出来るから安心という訳でもありません。自分の主張を相手に正確に伝えるには目を見て話したり身振り手振りを交えて伝えたりと総合的なコミュニケーション力が必要になってきます。知識として英語を知っているだけではなく自分の言葉が相手に伝わるかどうかの技術も必要になってくるのです。

「現地に行けば自然と覚える」程語学は簡単ではありません。帰国の際にもっと話したかったと思わないようにするためにも今のうちに英語の基礎から始めてみましょう。