オーストラリアのワーキングホリデーをやって自分を磨こう

ワーキングホリデーを活用してオーストラリアで働こう

ワーキングホリデーを活用してオーストラリアで働こう

ワーキングホリデー参加者が一番希望する人気な職業はツアーコンダクターなどの観光業界です。先程オーストラリアの人気都市で説明したように、ケアンズなどがツアーコンダクターにつきやすいです。日本人観光客はどの国でも多く歓迎され英語がある程度扱えるようになれば「日本語通訳が可能な職員」へと貴方の評価が一辺に変わり重宝されるようになります。イメージの華やかさとは裏腹に覚える仕事量やコミュニケーションに慣れるまで大変ですがその分やりがいや学ぶ事の多さを特徴です。多くの観光客に対応する点では免税店などのお土産屋の仕事もあり、商品を説明できる柔軟な英語力が培われます。

各国の情報センターで最も求人が多い仕事が飲食店のウエイターやウエイトレスの仕事です。料理の種類は問われませんが特に日本食店は世界中に大人気で、どこの国に行っても何店舗か見られ、日本人のワーキングホリデーの申し込みの際に最も見つけやすい職業となっています。しかしその分同じ仕事に日本人が集まりやすいというデメリットもありますので交流する時も日本語は使わないといった英語を学ぶための工夫をする必要もあります。また、語学力だけではなくプログラミングなどの専門知識があれば、それを履歴書に書いて現地の企業やお店に飛び込みで面接を受ける強い武器になりますので是非活用してみましょう。

オーストラリアは最低賃金が高めなので他の国よりは生活がしやすいですが、それでも中には住み込みバイトで食事と寝床の代わりに給料はほとんど出ないといった仕事もあります。日々の仕事をただ淡々とこなすだけではなく出発前に自分で掲げた目標に向かって取り組み貴重な経験と共に大きなステップアップを目指しましょう。休日は観光もいいですが適度な休息も必要ですので体調管理には十分に気を付けましょう。また、自分にキャリアが欲しいという人はおけいこ 留学もおすすめですよ。